Take’s diary

Macとマイコンに関すること--ワクワクの製作日記

FLIR ONE Proを分解したら、簡単にLEPTON3.5が取り出せる!!

YOLO学習済みデータをiPhoneで利用する方法は次に回して、今回は最新耳寄り情報です。 FLIR ONE Proって? iPhoneやAndroidに取り付けてスマホをサーモグラフィー化する商品で、昨年までの同名商品(FLIR ONE)は、赤外線センサーとして同社のLEPTON3が入って…

YOLOオリジナルデータの学習

今回は今年のMaker faire tokyoで使ったAIジャンケンのデータ作成方法を書くことにします。AIの専門家では無いので、固有名詞の間違いはご容赦願います。 今回のデータを使ってジャンケンの手をリアルタイム認識させています。 YOLOを使った画像認識が早いの…

今年もMaker Faire Tokyo 2018に出ます!!

今年もメイカーフェア東京(Maker Faire Tokyo 2018)に出展することになりました。 今まで、格安WIFI付きプロセッサ(ESP8266)とFLIR LEPTON赤外線センサーで、どれだけ本格的・実用的なiPhoneアプリが作れるかどうか追求してきました。 昨年に引き続き今…

ジュンちゃん手術をする!!

我が家のアイドルトイプードルのJUNEですが、1才にも満たない頃フローリングですってんころりん。右後ろ足の膝のお皿が外れ安くなりました。グルコサミンを飲ませたりしてだましだまし散歩を続けましたが、今年獣医さんに連れて行ったら、外れた膝のお皿が…

iPhone とOFとOpenCV3.4でcontribが実行できないのか?

ご存じの通り OpenCVのiOS版にはcontribが付いていません!!。このライブラリは面白そうなものがたくさんあって、どうしても実行したくなるわけです。でも、iPhoneのカメラを使うだけでもテクニックが必要なSwiftやオブジェクティブCから利用するんじゃなか…

openFrameworks でCoreML (YOLO)!!

openFrameworks for iOSでYOLOを動かしてみました。 前回紹介したGitHub - hollance/YOLO-CoreML-MPSNNGraph: Tiny YOLO for iOS implemented using CoreML but also using the new MPS graph API. iOSでのYOLO実行環境はSwiftでした。SwiftはUI環境を整備し…

iPhone X ..........。

前回 ディープラーニングの学習済みデータを使って、iPhoneXやJetson TX2を使っていろいろ試してみましたが、Tiny YOLO単一環境では一体どのくらいの差があるかどうかざっとテストしてみました。 Tiny YOLOを使った理由は、iPhone環境でYOLOを使ったサンプル…

Ai実行環境で、最近びっくりしたこと

この頃プログラムをじっくり作ってる暇が無くなったので、率直に最近素晴らしいと思ったことを書くことにしました。 Pythonista3のスピードが素晴らしい。 知る人ぞ知るiPhone、iPad開発環境のPytonista3ですが、いったいどのくらいのスピードで動くんでしょ…

いまさらIntel Joule で Movidius!!

今回は、Intel Joule でこんなことをやってみました。 そう....ディープラーニングの学習ではなく実行環境です。Joule単体で同じようなことを同様のスピードで処理することはまず無理です。今回は Intelが販売しているMovidius Neural Compute Stickを使って…

W&T Thermal Cam for FLIR LEPTON1 & 3

※Thermal Cam3はLEPTON3.5に対応しました。 Arduino IDE(LEPTON3.5_TestFlight_0628.ino)の入替だけです。 Thermal Cam と Thermal Cam3 のバージョンアップ準備ができたので、インストール方法を公開します。Thermal Cam(又はThermal Cam3)使用の際はAr…

Maker Faire Tokyo 2017 に出ます!!(その3)  LEPTON3の進行状況

私たちはこれを目指してました。 2月からWROOM02(ESP8266)を使ってLEPTON1画像のWIFI配信高速化と録画の実用に向けてスタートしました。その4倍画素数の多いLEPTON3で、WROOM02を使ってこれほどの動画スピードが達成できるとは思っていませんでした。LEPTO…

特殊なiOSアプリが6日で承認された!!for Maker Faire Tokyo 2017

何が特殊か? どんなアプリかは、すでに前々回の記事で紹介しましたが、このiOSアプリが今日アプリストアからダウンロードできるようになりました。 このアプリを実行するには、別途自作ボードが必要。LEPTON1とWROOM02をつないでソースをインストールするだ…

Maker Faire Tokyo 2017 に出ます!!(その2)

2018/2/25 Thermal Cam がバージョンアップされました ESP8266のソースを入れ替える必要があります。(このページの最後に付けたソースでは動かない可能性があります)詳しくは以下のURLをご覧下さい。 takesan.hatenablog.com iPhone側のソースをビルドして…

メイカーフェア東京2017に出ます!!

あー長かった。Maker Faire Tokyo 2017 の承認通知が来ました。 このブログをきっかけに知り合ったwiwaoさんと2人で、今年のメイカーフェア東京に参加申請することになった経緯は前回書きました。トイドローンに取り付けたLEPTONサーモカメラ画像をiPhoneで…

Jetson TX2 ってどうなんだろ?

TX1の記事をたくさん書いてきたので、 メーカーが2倍早くなったというTX2がどうなったのか、アメリカからすぐに取り寄せて試してみたかったのですが、日本国内発売を待つまでは、技適に通ってるかどうか判断できないので、ガマンしてました。 正式に国内で…

ESP32 + LEPTONサーモカメラで'3Dサーモグラフィー'を作る!!

なんでこんなことを思いついたんでしょう。 最近、ZEDステレオカメラのソフトをかじっていて、画像の遠近をポイントクラウドで表現する参考プログラムを見ていたからなんです。 ZEDステレオカメラのサンプルアプリ。右側がポイントクラウド。カメラからの距…

NVIDIA TX1+OpenFremeworks+DIGITS でTensorRT をさらに加速させる。

メーカー側のお題みたいですが、 今回はDIGITSで学習させたDetectNET学習済みデータが、TX1で応用可能かどうか確認してみることにしました。さらに、OpnFrameworks(以降OF)のofThreadでマルチスレッド化。ディープラーニング技術が現実的にTX1で簡単に実現…

Jetson TX1 + OF + TensorRT でディープラーニング segmentation編

ヤッチマッター と言っても私のせいではありません。この記事の下書きを書いていたら突然飛んでしまいました。この頃OSX良くないですね。私のiMacでは、Bluetoothとか外部HDとかサファリとかが周期的に調子が悪くなります。使ってる側からすれば、ここまで来…

Jetson TX1 + OF + TensorRT でディープラーニング

今回のお題の内容は、 TX1にインストールしたOpenframeworks(以後OF)で、以前チラッと紹介したTensorRTを実現させようという試みです。やっとディープラーニングに戻りました。 今回の最終画像。TX1+OF+TensorRTで認識した人物をリアルタイムで表示してい…

Jetson TX1+Openframeworks + ZED で人物認識しながら距離を測定する。

今回の表題は、 何が何だかわからないと思いますが、次の動画と写真を見て下さい。 左がZEDの左側のカメラから取り出した画面。右側がその画像の深度(グレースケールからカラーマップに変えてみた)。キーボードでHキーを打ち込むと、左下にHOG!!が表示され…

Jetson TX1 + Openframeworks + ofxkuzed で Zedステレオカメラの実験。

前回の記事で Jetson TX1にOpenframeworksを動かす環境ができました。どんどん面白い環境ができつつありますが、今回はZedステレオカメラを動かしてみます。この種のステレオカメラとしては、昨今話題になっているIntelのリアルセンスカメラが存在します。こ…

Jetson TX1 で Openframeworks 動いた。

諦めかけてたんですよね。 そもそもTX1のアーキテクチャであるaarch64では、現状Openframeworksのインストールが不可能です。x86-64版でもarm7l版でも......。CPUが違うのだからしょうがない。何回も挑戦しているんですけど全くダメでした。でも、arm7l版を…

Intel Joule はEdisonやPi3 との価格差を超えられるか?

Intel Jouleを色々試してみて 先月の段階で、Ubuntu developer potalよりUbuntuインストール方法が紹介されています。本体eMMCに自動的にインストールされるのですが、前回私の書いた記事より格段に簡単で、画面が安定している感じなので、今回紹介します。…

Juneちゃん その後。

やれIntel jouleやら、Nvidia TX1やら、ゲームパソコンやらちょしてる(仙台弁触ってるの意)事に限界を感じてきたので、今回は私のストーカー犬「ジュン」ちゃんの近況です。 ところでトイプーって毛が抜けないの知ってました?ほっておくと着古した毛糸の…

Jetson TX1 で py-faster-rcnn を使ってmjpeg 配信できたら幸せ!! そのほかモロモロ。

てな、馬鹿げた表題をつけたものの、本当にできるんでしょうか? 何に使うのかって?。外に持ち出すには最低7インチのディスプレイが必要です。配線や電源も考えなければいけません。これがケータイで代用できたらとっても便利。がさばるディスプレイの代わ…

Intel Joule にUbuntu14.04をインストールしてみた。

Intel JouleにUbuntuをインストールして普通に動かせたら。かなりワクワクしますよね。 ※11/24 かなり簡単にインンストールできるようになってます。現在執筆中!! ----->12/6 完了。下の記事参照。Ubuntu16.04、外付けSSDにも簡単にインストールできて、mr…

Jetson TX1 でUSB3.0につないだSSDからUbuntuをBootしてみる。

JETSON TX1の電源が壊れてから1.5ヶ月。 交換品が戻ってきました。 Jetson TX1本体はこんな感じ 分厚いアルミの放熱版でサンドイッチされてます。 ちょうどJetpackが2.3にアップデートされていたので、最新版をインストールしてみました。最初の感想は、画面…

Intel Joule でビックリしたこと。

ビックリしたこと1 金額がEdisonの4倍超になった!! 高〜〜〜〜〜い。 Mouser 価格!! ビックリしたこと2 見た目が重厚で所有満足度大。 Joule本体は安っぽさが微塵もありません。Edisonは本体がアルミ箔で覆われているような感じだったので、価格差分高…

ROBOX のDual Material Head キットがやっと来た。

思い起こすこと今年の1月半ば。 ROBOXの2色ヘッドをイギリスに注文したのは。それがやっと9月22日に到着しました。あー長かった ちょうど8ヶ月かかりました。 一見交換が簡単そうだが実は.....。 ちょっとノズルが汚れているノーマルヘッドとピカピカのDu…

ゲーミングパソコンでDigits 実行環境の整備

以前私のiMac にCaffeをインストールしています。スピードは練習用としてはそこそこだったのですが、すぐにGPUメモリーが不足してしまい、サンプルプログラムさえ工夫をしなければ、まともに動かないことが発覚していました。 ディープラーニング勉強中の身…