読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take’s diary

Macとマイコンに関すること--ワクワクの製作日記

Arduino と NeoPixel で インテリアライト を作ってみた

まずはこれを.......

 

       

微妙に色が変化している様子がわかりましたか?

 

日中はお月様は出てませんが....。

f:id:TAKEsan:20150831152614j:plain      f:id:TAKEsan:20150831151850j:plain

                午後6時過ぎるとこんな感じになります。

 

ミニュチュアハウスの入り口を見てみると......。

    f:id:TAKEsan:20150831151854j:plain

 私の家の3カ所に取り付けた温湿度センサーから送られた数値を表示して、ミニュチュアハウスの灯りが変化します。

 実はこれ、1年前に作ってたんですがLEDが1個切れたらしくてしばらく放置。今日取り替えたら元に戻りました。もともとLEDの向きは正面でしたが、眩しすぎたので、思い切って後ろ向きにして、間接照明にしたらとてもいい感じになりました。

 使っているものは、千円前後で買えるブリキ製の樹木と、ミニュチュアハウスを利用して、Arduino nano と Flora RGB Smart Neo Pixel version 2(26個)を

     f:id:TAKEsan:20150831195003j:plain   f:id:TAKEsan:20150831195002j:plain

使って、他の部品(Xbee,ディスプレイ)を取り付けて遊んでいるだけなんです。プログラムはこのあたり

Run pixel test code | Sewable NeoPixels | Adafruit Learning Systemを応用してます。